大光銀行とライバル銀行


新潟県内の状況を見てみると、株式会社大光銀行のライバルと言えるのは、同じ新潟県内に本店を置く第四銀行と北越銀行でしょう。特に第四銀行は、明治時代に国立で設けられた銀行が基礎となっていて、新潟県内の主要都市に支店を構えており、さらにはその周辺市町村に至るまで、新潟県内に幅広いネットワークを有しています。

また、北越銀行は新潟県の中心部にある長岡市に本店を構えている銀行で、中越地方に主な営業エリアを持っていますが、政令指定都市となった新潟市においても、さらなる顧客の獲得を図るために、新潟市内に拠点となる店舗や営業部を設け、積極的な顧客獲得を図ろうとしています。

その他、新潟県内は農業や林業が盛んな地域でもあるため、JAバンクがそれらの産業に関わっている人たちを顧客としてしっかりと抱えていますし、山間部に至るまで幅広く郵便局を設置しているゆうちょ銀行も、山間部が多い新潟県においては一定のシェアを持っています。その他、中規模都市に本拠地を置く信用金庫や信用組合も、根強く顧客を確保しています。

これらのライバル銀行に対し、大光銀行ではセブン銀行との提携によるコンビニATMの利用など、ライバル銀行同士と言えども、顧客の利便性を向上させるために提携をはかることで個人顧客の確保を目指しています。また、今後も新たな提携先との連携で、新たなサービスを打ち出すことが求められています。そのため銀行業界でも、新潟県は金融機関の多い地域と認識されており、これからもライバル銀行との競争は続くでしょう。