大光銀行と提携ATM


大光銀行では自行のATM以外でも、自行の預金から入出金ができるようになる「提携ATM」を積極的に増加させています。現状では、MICS(全国キャッシュサービス)に加入しているので、MICSに加入している都市銀行、地方銀行、信用金庫の間で提携金融機関同士が相互に入出金が可能となっています。ですが、入出金の際には手数料が必要となる場合が大半です。

そこで大光銀行では、他の金融機関と比較した際の利便性を向上させるために、既存の金融機関ではない、新興金融機関との提携を図るようになりました。例えば、コンビニATMを展開しているセブン銀行と提携を結び、セブンイレブンやイトーヨーカドーにおいてあるセブン銀行ATMで大光銀行の入出金ができるようにし、さらには平日や土曜日・日曜日・祝日の午前8時45分から午後6時まで、入出金にかかるATM利用手数料が無料になるサービスも実施しています。手数料無料というのは非常に魅力的なサービスです。

また、同様のサービスをイオングループの関連金融機関、イオン銀行とも提携を結んで実現しました。セブン銀行との提携と違うのは、入出金にかかるATM手数料無料の時間帯が平日午前8時45分から午後6時までとなっていることです。でも、イオン銀行はイオンモールやイオンタウンなどの小売店にATMを設置していることから、買い物の時にATMが使えるというのは顧客にとって大変ありがたいサービスです。

そしてゆうちょ銀行とも大光銀行は提携を結んでいます。ゆうちょ銀行もイオン銀行と同様の内容で提携しているので、新潟県はもちろん、全国のゆうちょ銀行ATMが提携ATMとなり、全国どこででも大光銀行の口座から入出金ができるようになっています。